驚愕!トラック・ダンプの買取査定術!

低年式・過走行・車検切れ・故障車・・・何でも買取可能!
日本全国対応・査定完全無料・何台でも現金買取可

90.3%が満足したトラック・ダンプ買取業者

ディーラーと専門業者の違いは?

画像

トラックを売る時は購入したディーラーなどに査定してもらう人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、トラックを売る場合は買取専門業者の方が、高く買取ってくれる場合が多いのです。

 

ですから、ディーラーで査定をしてもらっても、一度は買取業者に査定してもらい比較する方が良いでしょう。

 

とはいえ、なぜ買取業者の方が良いのか違いに気になる人もいると思います。

 

ですので、ここではディーラーと専門業者の違いについて解説していきます。

 

ディーラーの査定

画像

ディーラーは販売業者ですので、買取に力を入れているわけではありません

 

ですから、トラックの買取専門業者に比べると買取市場の情報が少ないので、
どれくらいの価格で取引されているのかわからないのです。

 

しかも、買取した後はそのトラックを売らなければなりません。

 

売ることを考えて場合、売れない価格で買取するわけにはいきません。
つまり、確実に赤字にならない金額を提示するしかないのです。

 

ですから、専門業者に比べると提示額が低くなる傾向にあります。

 

とはいえ、ニーズを把握出来ている車種であれば、
買取業者よりも高くなる場合もあるでしょう。

 

特にディーラーが取り扱っている同じメーカーのトラックの査定であれば、
一概に買取価格が安くなるとは言い切れません。

 

車種の状態によっては査定をした方が良い場合もあるという事です。

 

専門業者の査定

画像

トラック専門の買取業者はたくさん買取をする事が利益につながっています

 

トラックが売れるルートを確立しているので、
とにかくたくさんのトラックを仕入れる必要があります。

 

また、常に市場をチェックしているので、
その時のリアルタイムな価格を把握しています。

 

ですから、ギリギリのラインまで買取価格を上げる事が出来るのです。

 

結果、ディーラーと違い、薄利でもたくさんのトラックを売ることが出来るので、
ディーラーより買取価格が高くなる傾向があります。

 

特に低年式車、過走行車、故障車などディーラーでは
引き取りしてくれないトラックは専門業者に依頼する方が良い
でしょう。

 

結局どちらが良いのか?

 

確かに専門業者の方が買取価格が高い場合が多いのですが、
もしかするとディーラーの方が高い事もあるかもしれません。

 

ですので、トラックを売る際には、どちらも査定依頼をした方が良いでしょう。

 

特にディーラーだけで決めてしまっては勿体ないです。

 

もし、思ったよりもディーラーの提示額が高かったとしても、
それを元に交渉すれば、専門業者も更に提示額が上がる可能性はあります

 

最低でも1社は専門業者に依頼をお願いしましょう!

 

しつこい営業はありません!

最短1〜2時間で現金化が可能
廃車寸前・ローンが残っていても複数台買取が可能

90.3%が満足したトラック・ダンプ買取業者