驚愕!トラック・ダンプの買取査定術!

低年式・過走行・車検切れ・故障車・・・何でも買取可能!
日本全国対応・査定完全無料・何台でも現金買取可

90.3%が満足したトラック・ダンプ買取業者

壊れている箇所は修理するべき?

画像

トラックの買取査定を依頼する際に、壊れている箇所は修理するべきかどうか悩む事もあると思います。

 

普通に考えれば、壊れているトラックよりは壊れてないトラックの方が査定額は高くなるでしょう。

 

買取額は高い方が良いので、直せそうな程度であれば悩んでしまいますよね。

 

ここでは、トラックの買取査定前の修理について解説します。

 

修理はするべきではない?

 

トラックの買取査定を依頼する際は、
壊れている箇所があっても修理しない方が良いです

 

実際、トラック買取業者を調べてみるとわかるのですが、
修理はしない方が良いと記載されています。

 

トラックのような特殊車両は修理代の方が高くつく事が多いので、
修理して査定額が上がっても結果的には手に入る金額は少なくなってしまうのです。

 

そもそも、トラックは壊れていても売ることが出来ます。

 

特に専門業者はどんなトラックも販売する事が出来るので、
多少壊れていても特に問題がないのです。

 

また、こちらで壊れていると判断していても、
買取業者にしてみれば大した故障ではない場合もあります。

 

つまり、壊れていても査定額がそれほど減額されない場合もあるのです。

 

そうすると、修理費用の金額だけ損する事になります。

 

こういった理由から、壊れている箇所があっても修理するべきではありません。

 

ただし、もしお金を全く掛けずに修理することが出来るのであれば、
修理するのも有り
だと思います。

 

例えば、メーカーの修理保証などを利用して修理が出来る場合は修理した方が良いです。

 

やはり、壊れていない方が査定額は高くなりますので。

 

しかし、修理にお金が掛かってしまうのであれば、そのまま査定依頼をしましょう

 

しつこい営業はありません!

最短1〜2時間で現金化が可能
廃車寸前・ローンが残っていても複数台買取が可能

90.3%が満足したトラック・ダンプ買取業者