驚愕!トラック・ダンプの買取査定術!

低年式・過走行・車検切れ・故障車・・・何でも買取可能!
日本全国対応・査定完全無料・何台でも現金買取可

90.3%が満足したトラック・ダンプ買取業者

外観の傷は修理するべき?

画像

トラックの査定をする際、外観の傷は修理した方が査定額は高くなるのでしょうか?

 

少しでも査定額を高くしたいと思うのは当然の事です。

 

傷次第では直した方が良いのではないかと悩む場合もあるでしょう。

 

ここでは、外観の傷を修理するべきかどうかについて解説します。

 

小さい傷は査定額に影響はない?

 

トラックの外観の傷に関しては基本的には修理する必要はありません

 

そもそも、トラックは商業車ですから、小さい傷はついて当たり前なので、
小さい傷ではほとんど査定額に影響しません。

 

とはいえ、傷が少ない綺麗な外観の方が印象も良く、
査定額が上がる可能性もあるかもしれません。

 

洗車などをして傷が見えにくくなるのであれば、綺麗に磨いておくと良いでしょう。

 

ただ、市販のコンパウンドなどで自分で直そうとすると、
逆に汚くなってしまう事もあるので、その点は注意が必要
です。

 

大きい傷の場合は?

 

大きい傷の場合は査定額に影響します。

 

凹みやサビなど大きく目立つ場合は査定額は下がってしまいます。

 

おそらく買取業者じゃなくても査定額が下がるのは理解出来るでしょうから
修理した方が良いのではないかと考えてしまう人もいるでしょう。

 

しかし、大きな傷でも修理しない方が良い事が多いです。

 

というのも、査定で減額される金額よりも、修理代の方が高くなる事が多いからです。

 

つまり、修理して査定額を上げても結果的に損をするのです。

 

ただ、場合によっては修理した方が良い場合もないとは言い切れません

 

その際は一度修理の見積もりを出してから、
査定額と照らし合わしてみると良いでしょう。

 

もし、修理してから査定してもらった方が良い価格になるのであれば、
修理するのも悪くないでしょう。

 

まとめますと・・・

小さな傷・・・洗車などで目立たなくする。市販の研磨剤で消す。

大きな傷・・・修理代と査定額のバランスで検討する

という事になります。

しつこい営業はありません!

最短1〜2時間で現金化が可能
廃車寸前・ローンが残っていても複数台買取が可能

90.3%が満足したトラック・ダンプ買取業者