驚愕!トラック・ダンプの買取査定術!

低年式・過走行・車検切れ・故障車・・・何でも買取可能!
日本全国対応・査定完全無料・何台でも現金買取可

90.3%が満足したトラック・ダンプ買取業者

走行距離の査定への影響は?

画像

トラックの買取査定で気になる点として、
走行距離の問題があると思います。

 

基本的には走行距離が多ければ多い程、
査定額が下がります。

 

普通車は10万キロを超えてしまうと査定が付かない事も多いです。

 

しかし、トラックは業務で利用する車両ですから、10万キロなんてあっという間に超えます。

 

ですから、普通車に比べれば走行距離の問題は少ないのです。

 

走行距離と価格

 

実際、どれくらいの走行距離でどれくらいの価格で
取引されているのかチェックしてみました。

スーパーグレート ハイルーフ 77万キロ 432万
スーパーグレート ハイルーフ 72万キロ 600万
スーパーグレート ダンプ 59万キロ 788万
スーパーグレート 14.5t 56万キロ 640万
スーパーグレート 深ダンプ 58万キロ 1000万
スーパーグレート ベースグレード 80万キロ 380万

 

まだまだありますが、50万〜80万キロのトラックは数百万で販売されています

 

ただ、100万キロを超えているトラックはそれほど多く販売されてはいないようですね。

 

100万キロまで乗るにはメンテナンスが重要と言われているので、
その点が少ない理由なのかもしれません。

 

100万キロを超えても買取出来る?

画像

一般的にはトラックの過走行車というのは100万キロ以上の車両を言います。

 

中古で販売されているトラックをみても
100万キロ超えのトラックは少ないです。

 

しかし、実際トラック専門業者は過走行車でも買取してくれます。

 

なぜなら、日本では需要がなかったとしても、
海外では需要があるからです。

 

走行距離が長かったとしても、日本のトラックは壊れにくいという事で
海外では人気を集めています。

 

もし、壊れていても直して乗ったり、部品取りとして利用するので
買取する事が可能なのです。

 

トラックの買取査定では、走行距離の影響はありますが、
普通車の査定よりは影響が少ない
と言えます。

 

ただし、トラック買取専門業者でないと買取価格が低くなる可能性があります。

 

ですから、ディーラーや中古販売店だけではなく、
売る時は必ず、専門業者の見積もりを取るようにしましょう!

 

しつこい営業はありません!

最短1〜2時間で現金化が可能
廃車寸前・ローンが残っていても複数台買取が可能

90.3%が満足したトラック・ダンプ買取業者